ワンにゃんボヤッキー☆

ワン'sと猫'sとのまったりLIFEときどきボヤキ

裏の畑をナチュラル・ガーデンにしたい


f:id:kume-chan:20210227154449j:image

 コロナ渦になって、お家時間が長くなったこともあり、昨年から私にガーデニング・ブームが 到来している。いつもなら飽きっぽい性格と夏の暑さのため、長続きしないのだが、今回は、1年以上ブームが継続していて、空いた時間は土いじりをしたり、ネットで種や苗を物色したりして、案外続いている。

 

 ことのはじまりは、昨年のゴールデンウィークに緊急事態宣言。キャンプ場も閉鎖になってしまったので、時間を持て余し、裏庭をドッグランにしようかなと思い立ち、草ぼうぼうだった裏庭の草刈りをした。

 

f:id:kume-chan:20210227154549j:plain

草刈り後の裏の畑(柵で囲む予定だった)

 グランドカバーをどうするか悩んだが、芝生を張って真夏に何回も草刈りをする自信がなかったし、ウッドチップ等を入れる予算もない。いろいろ考えた結果、もし途中で飽きちゃったとしても、緑肥になるしいっか、とクローバーの種を買って蒔いてみた。

 

f:id:kume-chan:20210227154606j:plain

種を蒔いた後に芽吹いたところ

 と、ここから暑い夏がやってきて、案の定放置してしまう。背の高い雑草が生えて、草ぼうぼうになってしまったのだけど、クローバーはすくすくと育ってくれていた。秋に背の高い雑草は抜いて、クローバーだけを残し、計画変更して、草花や野菜を植えてローメンテナンスなナチュラル・ガーデンにすることにした。

 

f:id:kume-chan:20210227154620j:plain

クローバーに覆われた裏の畑(現在)

  裏の畑は広いので、一朝一夕には全体を花畑にするのは難しい。まずは中央部の日当りが一番良いところを仕切り、このエリアだけでも花盛り盛りにして気分を上げ、モチベーションを維持しようと、晩秋に宿根草の苗をたくさん買って植えることにした。

 冬越しして春になったら、もっと株が大きくなっているはずだったが、土づくりが今一つだったからかあまり育っていないように思う。まだ2月末だし、これから、これから・・・?

f:id:kume-chan:20210227154529j:plain

扇型に仕切った花いっぱいになるはずのエリア(現在)

 南側と西側が塀に囲まれているため、畑の半分くらいは日当たりが悪く、水はけも悪い土壌となっている。それで、今日は、半日陰でも大丈夫なヒューケラを日陰エリアに植えこんだ。(1枚目の写真)

 3月に入って気温が20℃以上になってきたら、春蒔きの草花(マリーゴールドやジニア、タチアオイなど)の種を蒔いて、苗をたくさん作って隙間を埋めていこうと思っている。今年は、このまま放置とならないよう、がんばるぞ。

 

 裏庭はまだまだですが、玄関前の花壇は花盛りです。

f:id:kume-chan:20210227154809j:plain

種から育てたアリッサム 奥はネモフィラ

f:id:kume-chan:20210227154843j:plain

冬に苗を植えたビオラ

f:id:kume-chan:20210227154735j:plain

後ろ ラナンキュラスラックス 前 クリスマスローズ

f:id:kume-chan:20210227154754j:plain

左 ラナンキュラスラックス アリアドネ 右 ニノス






 



 



 



 



 



 



 



 



Lightroom はじめました

f:id:kume-chan:20210222221925j:image

 前々から勉強しようと思っていた、写真のレタッチ。年明けにやっとAdobe のフォトプランに申し込み、少しずつだけどやってみている。

 

 通信教育でも受けようかと思ったが、チュートリアルYoutubeにたくさんアップされているようだったので、しばらく独学でがんばろうと思っている。

 


f:id:kume-chan:20210222223456j:image

 

 逆光で撮ったときとか、光量が足りなくて暗い写真でも、補正することでいい写真になるかもしれない。イメージどおりの写真に仕上げる作業って、難しいけど楽しい。わくわくする。

 


f:id:kume-chan:20210223064404j:image

 最近、梅の写真を撮りに行ったら、メジロがたくさいて、首が痛くなるくらい上ばっかり見ながら撮影した。逆光でメジロは陰になってたけど、レタッチで補正。おー、はまりそう。

 


f:id:kume-chan:20210223065103j:image

 

 

 

 

 

 

これって卒婚?!


f:id:kume-chan:20210216053139j:image

 

 正直なところ、私たち夫婦は子どもがいないので、早くから熟年夫婦の趣であったことは確かだけれど、 連れ添って20年、それなりに楽しくやってきた。子どものように犬や猫たちを育て、毎日一緒にご飯を食べ、同じ部屋で眠り、ここ数年は共通の趣味となったキャンプを楽しんだりして、幸せな日々だったと思う。

 

 私は先のことをいろいろ考えるタチなので、日頃から冗談ぽくではあるが、もし親の介護が必要になったら、それぞれの実家でそれぞれの親の面倒を看ようという話をしていた。私たちにとっても、親にとってもそれが一番気楽でいいよね、ということで。

 


f:id:kume-chan:20210216053327j:image

 

 それがこんなに早く現実になろうとは・・・

 昨年9月に義父の下半身が突然動かなくなって、しばらく入院治療していたのだが、12月からたまたま仕事を辞めていた夫が実家に帰って、自宅療養することになった。

 

 頭で考えれば、それが一番良い選択肢だと分かっているのだが、心は案外そうはいかなくて、今思えば、年末にでた蕁麻疹はそういう諸々の心労からくるストレスも原因だったのではないかと思う。

 

 これから何年続くかわからないし、車で1時間もかからない距離ではあるけれど、離れて暮らすことがこんなに寂しいなんて。毎日そんなに会話が弾んでいたわけではないけれど、いつでも話したいときに話せる距離にいる、いびきがうるさかろうが隣に寝ている誰かがいるということに、こんなに支えられていたなんてと思う。


f:id:kume-chan:20210216053354j:image

  といわけで、いろいろ自分の気持ちとか今後の生活のこととかに向き合いながらこの3か月過ごしてきた。まだ寂しい気持ちはあるものの、心の整理はつきつつある。

 

 実際、夫がいないと食事の支度が簡単で済むし、自分のペースでひとり時間が過ごせるので、本当に楽だ。一人に慣れて、寂しく感じなくなってきたら、友達みたいに時々会うくらいの方がいいのかもしれない。

 

 ケセラセラ~♪ なるようになる~♪ 

 このまま卒婚ってことになるかもしれないけど、それはそれで良しとしよう。

 

f:id:kume-chan:20210216053440j:image

シクラメン フェアリーピコ


f:id:kume-chan:20210130212033j:image

 

 私は12月になるとシクラメンが飾りたくなって、行きつけの園芸店のシクラメンフェアに毎年足を運ぶ。

 

 豪華で大株の赤や白、ピンクの鉢を時間をかけて見て廻り、あまりの美しさに見とれながら今冬の1鉢を選ぶのは楽しい時間だ。

 

 選んだのは、フェアリーピコ。

 

 フェアリーピコは、花粉の出ない八重咲きミニシクラメンで、花もちが良いとのこと。好きな割には、管理がいい加減ですぐに枯らしてしまうことも多いので、できるだけ長く楽しめるよう、こちらにしてみた。

 

f:id:kume-chan:20210130212130j:plain

12月上旬に手に入れたばかりのフェアリーピコ(花の色が今より濃いね。)


 それから毎日マメに水受けの下の皿を確認しては、水やりをして、1月末の現在でもトップ写真のように綺麗に咲き続けている。

 

 たしかに、驚くほど1本1本の花もちがいい。12月初めからこれまで、5~6本程しか花がら摘みをしていない。

 

 蕾がびっしり付いていたので、花が中央だけでなく横や下から次々あがってきて、ボール状の草姿になってきた。素敵~♪

 

 リビングを華やかにしてくれて、毎日、気分を上げてくれている。 

 大事に暖かくなるまで花を楽しんで、夏越しに挑戦してみよう。 


f:id:kume-chan:20210130212207j:image

 


f:id:kume-chan:20210130212222j:image

 

HPノートパソコン来た


f:id:kume-chan:20210116150239j:image

 

 前々からやってみたいと思っていた、Photoshopを勉強しようと思い、今持っているPCよりも性能の良い、HPのノートパソコンを購入した。

 

 いろいろとネットで調べて、コスパが良いと評判のHPのノートPCを11月にHP Directplus(エイチピーダイレクトプラス)で注文。

 

 そしたら、注文が確定したところで、いきなり欠品のメール。

『ご注文いただいた製品は、ご好評につき現在欠品しております。
大変申し訳ございません。納品日が確定いたしましたら、速やかにご連絡いたします。』 

 え~そうなんだ~と悠長に構えていたが、予定日をチャットボットで確認できるということで、試したところ、2月上旬だって。


f:id:kume-chan:20210116163454j:image

 うそ、マジか、そんなにかかるんだ、と価格.comとか見てみると、HPの納期についての書き込みがすごい。ネットで調べたとき、全く気付かなかった。キャンセルしようかと思ったが、それほど急いでいるわけではなかったし、キャンセル自体も手間暇かかりそうだったので、我慢して気長に待つことにした。

 

 ときどきチャットボットで確認しては、一向に変化がないため、ため息ばかりついていたのだが、12月頃に確認したら、1月下旬に納期が早まっており、その後、納品日が1月5日になったとお知らせが。

 

f:id:kume-chan:20210116152928j:plain

 

 でも、結果的に12月末に届いた。

 今は、丸2か月、待ってよかったと思っている。

 初HP、がつがつ使うぞ~!!!

 

f:id:kume-chan:20210116150342j:plain

 

蕁麻疹


f:id:kume-chan:20210103173323j:image
 

 年明け早々のネタとしてどうかと思うが、世の中だけでなく私自身も波乱の年だった2020年の締めくくりとしてふさわしいといえばそうなのであるが、年末に体調を崩し、初めて蕁麻疹にかかってしまった。

 

 クリスマスから仕事納め、正月休みに備え、スケジュールをびっしり組んでいたので(実際に実行するかはおいといて、計画をたてるのは好きなのだ。)、非常に参った状態となった。

 

 12月23日(水)の昼くらいから首のあたりが無性に痒くなりはじめ、久しぶりに着たトックリがまずかったのかもと思い、トップスを着替えたりしてみたが治らず。夕方に同僚から、「なんか眼が腫れてますよ。」と言われてたときに、これはちょっとヤバい感じでは?と仕事をさっさと切り上げて帰宅。

 

 お風呂に入って早めに寝たものの、蕁麻疹で体中が痒く、唇や瞼はパンパンで、お腹も痛くて寝ることができず、皮膚科が開く時間になるまで、本当に死ぬかと思った。

 

 近所の皮膚科に行ったところ、腕を巻くって少し見せただけで、すぐ「蕁麻疹ですね。」と診断され、蕁麻疹の原因は7割わからないとか、朝晩1錠ずつ薬を飲んで治らないときは2錠まで飲んでもいいとか、正月休みに中に唇が腫れたりお腹が痛くなったりしたら、救急病院に行ってくださいとか説明を受けた。受診した時にひどくキツイ状態だったので、即効性のある注射とかはないんでしょうかと聞いたところ、「あることはあります。しときますか。」と言われ、ステロイド系の注射を打ってもらって、帰宅した。

 

 その日は注射のおかげで嘘のように蕁麻疹は跡形もなくなくなり調子が良かったのだが、夜から再び痒くなり始め、お腹も痛くて、まる2日仕事を休むはめになってしまった。

 

 散々なクリスマスだったが、その後は順調に快方に向かい、この2日間の休息のおかげで、年末年始のゴタゴタに耐えることができたような気がする。

 

 仕事上いろいろあって正月休みもあったもんじゃなかったので、まる2日間体を休めることができたことは、今となっては神様の思し召しにような気がする。

 

 よし、今年も前向きにがんばろう。

 

 

キャンプ沼からの脱却!?

f:id:kume-chan:20201213161714j:plain

 11月末まで結構な頻度でキャンプに行っていた。というのも、家庭の事情で12月くらいからは休日に山に出かけることができない状況になると予想していたので、可能ならばどんどん行っておこうと、家事を顧みず、月2~3回ペースで出かけていた。

 

 そもそも、私がマロンと旅行に行きたいがために、スノーピークのアメドを奮発して購入し、10年前にキャンプを始めた頃は、夫はいやいや連れっていってくれてる感じで、5年くらいは年1回、2回くらいのペースだった。それが、当時、毎週のようにキャンプされていた師匠親子に出会い、それからゆっくりとズブズブと、キャンプ沼にはまっていったのである。

 

 

f:id:kume-chan:20201213161726j:plain

2010.11月 記念すべき初キャンプ(霧島高原国民休養地)

f:id:kume-chan:20201213163357j:plain

2011.10月 2回目は阿蘇の某ドッグランで

f:id:kume-chan:20201213163740j:plain

2012.5月 私たちのホームとなる茶屋の原キャンプ場での初キャンプ

(この日は貸し切りダッタ・・・人気が出て、今じゃ考えられないケド)

f:id:kume-chan:20201213164148j:plain

2013.7月 ビッケ、キャンプデビュー(茶屋の原キャンプ場)

f:id:kume-chan:20201213164339j:plain

2013.11月 何の暖房器具も持たず晩秋の茶屋の原でキャンプ
(体中にホッカイロを貼って寝たが寒すぎて眠れず)

f:id:kume-chan:20201213164742j:plain

2016.10月 初の高規格、ひなもりオートキャンプ場へ

(ここで、キャンプ師匠と出会い、キャンプ沼へとはまっていくのだった)

f:id:kume-chan:20201213165155j:plain

そして、少しずつギアが増えていくのだった

(雑然としたテント内はあまり変わらないですね。)

 月1回だろうと、週1回だろうと、楽しかったことには変わりはない。

 しばらくキャンプ行けないと思うと、寂しい気持ちがするが、強迫観念に駆られたように、連休で晴れたら行かなきゃ損!みたいな気持ちになってた部分もあったので、少しほっとしたところもある。

 

 何もない週末に自分の生活に向き合ってみると、少し昔に戻ったような、新鮮な気持ちになることができた。しばらくはこの時間を楽しもう。